ここから本文です

壮大な“雪の回廊”に歓声 アルペンルート・バス全線運行

4/16(火) 10:18配信

毎日新聞

 北アルプス・立山連峰を貫き、富山、長野両県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」で16日、観光バスが今シーズン初めて全線を運行し、壮大な“雪の回廊”に国内外の観光客らが歓声を上げた。

【写真特集】立山黒部アルペンルート 進む除雪 白一色に美しい曲線

 全線開通した15日は悪天候で一部区間のバスが運休。ルート最高地点の室堂(むろどう、標高2450メートル)に近い「雪の大谷」(同2390メートル)では16日、道の両側に続く高さ16メートルの雪の壁を観光客がスマートフォンで盛んに撮影したり、バスを降りて散策したりしていた。雪の大谷は6月下旬まで観賞でき、同ルートは11月末まで営業する。【鶴見泰寿】

最終更新:4/16(火) 21:01
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事