ここから本文です

映画『僕に、会いたかった』より、TAKAHIRO(EXILE)×板垣瑞生(M!LK)の“釣りシーン”先行公開

4/16(火) 21:42配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■TAKAHIRO(EXILE)は、リアルな釣り好き。TAKAHIROの名前も知らない地元のおじさんと、2時間以上釣りを楽しんだという驚きのエピソードも!
日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ、EXILEのボーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』が5月10日に全国公開。

【動画】映画『僕に、会いたかった』先出し本編映像

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。島根県隠岐島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマに仕上がった。

TAKAHIROは、長編映画で初の単独主演という現場で、これまでのイメージを覆す無精ひげ姿のすご腕漁師という役どころを熱演。記憶喪失というキャラクターを演じきった。

そしてこのたび、本作の本編映像が解禁!

今回解禁されるのは、劇中、“島留学”で島にやってきた学生・福間雄一とTAKAHIRO演じる徹が釣りを楽しむ姿を捉えたシーン。島に来てすぐ、徹に釣りを教わる雄一を演じたのは、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』や『響HIBIKI-』など話題の映画に出演し本年度大注目の若手俳優・板垣瑞生。

劇中では、このシーンだけでなく、随所で釣りをしながら学生や島の人と交流をする徹の姿が描かれるが、そんな徹を演じたTAKAHIROは、実は大の釣り好き。映画の撮影時にも、空き時間があればずっと釣りをしていたようで、名前も知らない地元のおじさんとおしゃべりしながら、TAKAHIROであることにも気づかれないまま、2時間以上も釣りを楽しんでいたという驚きのエピソードを明かしている。

今回解禁された映像は、漁師としての知識と経験から、板垣演じる雄一に釣りのやり方を指南する徹の姿が描かれたもの。初対面だというにもかかわらず、ごく自然にコミュニケーションを取るふたりの姿は、ゆっくり流れる時間とともに、人と人との絆やぬくもりを強く感じさせる本編の雰囲気をしっかりと映し出している。

4月9日には、撮影現場である島根の隠岐島で舞台挨拶を行ったばかりの
TAKAHIRO。その舞台挨拶上でも、撮影の空き時間に釣りを楽しんでいたというエピソードを語っていた。そんな生粋の釣り好きとして、劇中の釣りシーンではその実力を遺憾なく発揮し、すご腕を披露している。

映画情報
『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村沙也 斉藤洋一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
配給:LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

映画『僕に、会いたかった』作品サイト
https://bokuai.jp/

EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://exile.jp/

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ