ここから本文です

堀ちえみ、「ステージ1」食道がんをブログで公表 16日に手術「頑張ります」

4/16(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 2月22日にステージ4の舌がんの摘出手術を受けたタレント、堀ちえみ(52)が15日、ブログで新たに食道がんを患っていることを公表した。前回の入院中、食道に腫瘍が見つかり、精密検査の結果、ステージ1の食道がんと診断された。この日再入院し、16日に内視鏡の摘出手術を受ける。堀は「いろいろな病気を経験してきましたが、全て無意味ではないと思っています。頑張ります!」と前を向いている。

 先月9日のブログで「がんは全て取りきれた!」と宣言し、退院した同26日には「こんなに元気になり、あんなに痛かった腫瘍も全部なくなりました」と報告していた堀を再び病魔が襲った。

 「本日また入院しました。今度は食道癌(がん)です」。15日午後1時半に更新したブログの書き出しには衝撃の文字が並んでいた。

 堀によると、2月下旬に舌がんの摘出手術を受けるために入院した際、胃カメラの検査を受け、食道に腫瘍が見つかったという。患部の一部を病理検査に出し、今月4日に組織を拡大して見るカメラで精密検査を受けたところ、ステージ1の食道がんと診断された。

 堀は「舌癌の転移でも再発でもないとの事です。でも同じ扁平(へんぺい)上皮癌だそうです。普通なら見過ごしてしまう位置にあったそうです」と早期発見だったことを明かした。

 自覚症状は全くなかったといい、「自分でも驚きました。前回の人間ドックでは、異常はありませんでしたので、最近出来たものだそうです」と説明。15日に入院し、16日に内視鏡で腫瘍を取り除く手術を受ける。

 前回の手術は舌の6割を切除し、太ももの組織で舌を再建するなどしたため11時間にも及んだが、今回は30分から1時間で終了する予定。入院期間も前回は36日間だったが、今回は1週間ほどで退院できる。ただ、がんの壁深達度(へきしんたつど)によっては追加の治療が必要になる。

 堀は「落ち込む私に主人が『今このタイミングで検査を受けてラッキーだったんだ。運が良かったと思って』と言ってくれました。子供たちにもショックを与えてしまうので心配でしたが、『早く見つかって良かったね!』と言ってくれたのでホッとしました」と、家族の絆と支えが励みになっていることを報告。最後に「頑張ります!」と前向きにつづった。

 会話や食事がしっかりとできるようにリハビリをしている最中の新たながん発見。次々と立ちはだかる障害にも堀は決して屈しない。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事