ここから本文です

船上劇場「STU48号」ついに就航 岡田奈々「歴史に刻まれる日」

4/16(火) 18:51配信

東スポWeb

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」が16日、広島市の広島国際フェリーポートで行われた船上劇場「STU48号」の就役式に出席した。

 フェリーを改造した船上劇場は全長77・8メートル、全幅12・5メートルで、観客約300人を収容する。式には中学生メンバーらを除くメンバー27人が参加。展望デッキから笑顔で手を振りながら入港した。

 STUは2017年3月に誕生した国内6番目の48グループ。瀬戸内エリアを本拠地とし「1つの海、7つの県」を股にかける、AKBグループ初の広域アイドルグループとして活動している。

 当初、船上劇場は17年夏に出航を予定していたが、18年夏に延期され、さらに今春にズレ込んでいた。

 キャプテンの岡田奈々(21)は「この2年半、船を待ち続けましたけど、苦ではなかった。いろんな困難もありましたけど、待っている間にファンの皆さんやメンバーとも絆が生まれて、待っている時間も楽しかった。STU48の新たな歴史の幕開けです。48グループの歴史に刻まれる日になると思います」と感慨深げに話した。

 また、リリースした2枚のシングルで、センターを務めた瀧野由美子(21)は「STU48の(メンバー)募集があった時から、船の上で公演すると聞いていたので、この日を楽しみにしていました。この船が瀬戸内のシンボルになれば」と笑顔を見せた。

 今後、船上劇場は瀬戸内海を周遊し、兵庫・神戸港、岡山・宇野港、山口・下関港、徳島・徳島小松島港、愛媛・今治港で公演を行っていく。

 式では湯崎英彦広島県知事らを前に、岡田が「日本全国、世界中に愛されるグループにしたい」と誓った。

最終更新:4/16(火) 18:51
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事