ここから本文です

大阪府副知事に大阪副市長起用へ 吉村知事

4/16(火) 18:27配信

毎日新聞

 大阪府の吉村洋文知事は16日、副知事に大阪市の田中清剛副市長(68)を起用する意向を明らかにした。田中氏は主に技術系の分野で吉村氏の市長時代を支えた側近で、府市一体で成長戦略に取り組むために最適の人材と判断した。

 田中氏は1975年に同市に採用され、建設局長や土木部長などの要職を歴任。2012年から橋下徹元市長と吉村氏の下で副市長を務め、25年大阪・関西万博や府市が誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)などの事務を統括している。

 竹内広行副知事(63)が5月にも日本国際博覧会協会に出向することに伴い、府議会5月定例会に田中氏を起用する人事案を提案する。吉村氏は「橋下市長時代から技術系を総括し、職員の人望も厚い。異例の人事だと思うが、府と市の垣根を取った方が大阪全体が成長する」と述べた。

 一方、松井一郎市長は田中副市長の後任に、高橋徹・都市計画局長(59)を充てる方向で調整している。【津久井達、真野敏幸】

最終更新:4/16(火) 22:40
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事