ここから本文です

米ベビーベッドで死亡事故多発 国内でも通販で流通

4/16(火) 14:56配信

朝日新聞デジタル

 米ベビー製品大手フィッシャープライスのベビーベッド「ロックンプレイスリーパー」で乳幼児の死亡事故が多発しているとして、消費者庁などが使用中止を呼びかけている。

 ベッドは、スタンドに、布製で揺れる寝台が付いている。米消費者製品安全委員会によると、乳幼児がベルトをつけない状態で寝返りをした際に事故が発生。2009年以降に30人以上が死亡し、死因は窒息死とみられている。同社は12日からリコールしている。

 販売台数は全世界で470万台。国内では正規販売していないが、経済産業省は15日、ネット通販サイトに複数の事業者が出品・販売していると発表した。これまでに国内での事故は確認されていないという。宮腰光寛消費者相は16日の閣議後会見で、「手元に製品がある人はただちに使用を中止して」と述べた。

朝日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事