ここから本文です

大戸川ダム建設 滋賀県知事容認表明を受け大阪府知事は慎重姿勢

4/16(火) 19:08配信

読売テレビ

読売テレビ

 滋賀県の三日月知事は、建設計画が凍結されている大津市の大戸川ダムについて、一転して建設を認める考えを表明した。

滋賀県・三日月知事「地元のみなさまの安心安全のための治水安全度を上げるためには、大戸川ダムが必要になります。滋賀県には大戸川ダムは必要であると考えます」

 大戸川ダムは国が建設を計画していたが、当時の嘉田知事らが反対したことから、10年前から計画は凍結されていた。しかし、三日月知事は大雨が降った場合、洪水の被害を軽減するなど治水面で一定の効果があるとして、一転して、建設を認める考えを表明した。三日月知事は今後、国に対して早急に建設に着工するよう、要望するという。

 一方、新たな費用負担を求められる可能性がある大阪府の吉村知事は、慎重な姿勢を示した。

大阪府・吉村知事「大阪府民のみなさんにとって、大戸川ダムがどれだけ効果があるのか、検証しないといけない」

 吉村知事は大阪でも専門家会議を立ち上げ、ダムの必要性を判断したい考えだ。

最終更新:4/17(水) 12:21
読売テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事