ここから本文です

東京五輪、競泳の大半は午前決勝 競歩5時半、マラソン6時開始

4/16(火) 20:50配信

毎日新聞

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、東京五輪の全33競技339種目のうち、ボクシング(13種目)を除く各競技の詳細なスケジュールを公表した。暑さ対策としてスタート時刻の前倒しを検討してきた男女マラソンは1時間早め、午前6時開始に正式決定。時差のある米国のテレビ局の放映時間などを考慮し、競泳の大半や陸上の一部種目などは午前に決勝を行う。

 暑さ対策では、男子50キロ競歩の開始時刻を30分前倒しし、全種目で最も早い午前5時半スタートとした。お台場海浜公園(東京都港区)が会場となる水泳のオープンウオーターは水温の上昇を考慮し、1時間早めて午前7時に設定。サッカーは女子決勝(午前11時開始)を除き、屋外スタジアムの試合の多くを午後5時以降開始としている。

 競技は20年7月24日の開会式に先立ち、22日午前9時から日本戦が予定されているソフトボール(福島市)を皮切りに始まる。金メダル第1号は、25日の射撃女子10メートルエアライフル。開閉会式が行われる初日と最終日を除き、ほぼ連日20種目前後で決勝があり、大会を通じた盛り上げを図る。8月2日は女子マラソンや陸上男子100メートルなど26種目、同8日は野球やサッカー男子など最多の30種目で決勝を実施する。1964年東京五輪は日中に開会式を実施したが、今回は開閉会式をともに午後8時から午後11時に行う予定。

 午前決勝の競技では、陸上は男女走り幅跳びなど9種目を行い、ビーチバレー男女は午前10時、バスケットボール男女は午前11時半開始となった。国際オリンピック委員会(IOC)が統括団体のガバナンス(組織統治)に懸念を示したボクシングは発表を見送った。

 各競技・種目の一般入場券販売サイトは18日に開設され、5月の大型連休明けから抽選申し込みを受け付ける。【円谷美晶、村上正】

最終更新:4/16(火) 23:18
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事