ここから本文です

10連休 ATMは土日と同様に稼働 生活保護費は支給前倒し

4/16(火) 20:53配信

毎日新聞

 政府は16日、皇位継承に伴う4月27日からの10連休中、金融機関が準備する現金自動受払機(ATM)の現金量を例年に比べて1日当たり3割増やすと発表した。金融機関は残高を24時間監視する。ATMは原則、通常の土日、祝日と同様に稼働する。

 証券取引に関しては、大手とネット証券会社を中心に連休の間も外国株式・日経225先物などを取り扱う。連休前後の取引集中に備え、取引所の人員を倍増するなど監視体制を強化する。

 毎月1~5日に支給している生活保護費は4月26日までの平日に支給を前倒しする。

 連休中の医療提供リストは12日時点で37都道府県が公表した。厚生労働省のホームページなどで確認できる。残りの自治体も連休までに公表する。【樋口淳也】

最終更新:4/16(火) 21:46
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事