ここから本文です

深海生物が群がってワニを食べる 海底で撮影された動画が公開中

4/16(火) 20:40配信

ねとらぼ

 死亡したワニに深海生物が群がり食べていく、そんな深海食物網研究の実験動画がYouTubeに投稿されています。

【画像:ワニを食べる様子】

 ワニはビーチや海岸でよく死体が観測されています。死んだワニが流され、深海にたどり着いたとき、深海では何が起こるのか。今回の実験では、深海食物網、古代の深海食物網、地上の動物が深海食物網にどのような影響を与えているかの研究に寄与します。この研究はCraig McClain氏、Clifton Nunnally氏、そしてRiver Dixon氏によるものです。

 撮影場所はメキシコ湾の海底。動画はワニが設置されてから24時間後の状態です。もそもそと何かが群がっている様子がわかります。深海に住む無脊椎動物です。彼らは深海のスカベンジャー。動物の死体を食物とする肉食の一種です。ダンゴムシによく似ていますが、大きさはサッカーボールほどになります。

 固いワニの皮を突き破ることなどできるのか、との思いも杞憂に終わります。見れば容易につまんでつぶしている様子がわかります。2カ月後にはワニの体は半分になっていました。地球における生態系で最大の場所となる深海。広がる未踏の世界はまだまだ謎が尽きません。

ねとらぼ

最終更新:4/16(火) 20:40
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事