ここから本文です

巨人、連敗を2で止める

4/16(火) 21:58配信

毎日新聞

 ○巨人8―2広島●(16日・平和リース)

 巨人が連敗を2で止めた。2点を先行する二回、ビヤヌエバのライナー性の打球を左翼手・松山が後逸して2点を加点(記録は二塁打)。七回には岡本、陽岱鋼がソロを放った。山口は3勝目。広島は先発のジョンソンが制球に苦しんだ。

 巨人・原監督 山口は本来の姿ではなかったが、2点で抑えたのは彼の経験でしょう。(初先発で2安打の)山本は守備も堅実。素晴らしかった。

 広島・緒方監督 (ジョンソンの降板は)まずい守備もあったしね。打線には集中力があったと思う。勝ち負けはあるが、私が判断した采配の部分。

最終更新:4/16(火) 22:47
毎日新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事