ここから本文です

【巨人】元とび職・増田大の2軍成績がすごい…出塁率5割6厘、11盗塁で2冠

4/16(火) 17:49配信

スポーツ報知

◆イースタン・リーグ 巨人8―3DeNA(16日・ジャイアンツ)

 巨人の増田大輝内野手(25)が2軍で絶好調だ。

【写真】山口、開幕3戦3勝「マウンドはかるかんの匂い」

 内外野どこでも守れる堅守の守備職人で、身長172センチと小柄ながら右打席からパンチ力ある打撃が持ち味。16日のイースタン・DeNA戦(G球場)に「2番・二塁」で先発出場し、右翼線二塁打と3四球で計4出塁し、二盗三盗を連続で成功させて今季11盗塁はリーグトップとなった。

 この日で2軍は24試合を終了。増田大は90打席に立って68打数25安打、打率3割6分8厘、リーグダントツトップ19四球で、出塁率もトップの5割6厘。この日は3打席目に12球、4打席目に13球相手に投げさせる驚異的な粘りを見せた。

 独立リーグの四国IL・徳島時代は、オフにとび職もしながら2年間プレーし、15年育成ドラフト1位で巨人入団。妻子を故郷・徳島に残して単身上京し、17年7月に支配下登録を勝ち取った苦労人だ。1軍出場の経験はないが、今年から背番号が「98」から「63」に昇格して首脳陣の期待も高い。

最終更新:4/17(水) 8:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事