ここから本文です

2019夏 カロッツェリア新商品発表会で「楽ナビ」に触ってみた

4/16(火) 15:18配信

Impress Watch

 パイオニアは4月15日、ナビゲーションを中心とした「2019夏 カロッツェリア新商品発表会」をベルサール神保町アネックス(東京都千代田区)で開催した。小林可夢偉選手も参加した発表会の模様は関連記事を参照していただきたいが、発表会終了後、短時間ではあるものの実機を試す時間が用意されていたので、ここでは実際に触れてみた簡単なレビューもお送りしたい。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新しくなった「楽ナビ」の実機を見て感じるのは、やっぱりHDパネルならではの地図描画性能だ。HDパネル自体はサイバーナビでもすでに採用されているものの、あちらはモデルごとにモニターの解像度が異なることもあって低解像度の地図がベース。やはりドットバイドット表示の楽ナビは表示の美しさが1段上で、IPSパネルならではの視野角の広さも相まって表示品質はすこぶる高い。

 新たに採用されたメニューまわりも分かりやすく、使い勝手は上々だと感じた。ただ、ハードウェア面ではSoCを一新してスペックアップを図っているとは言うものの、表示データ量の増加もあってか幾分動作が重く感じられた。もっとも、まだ発売までには時間があるので、このあたりの評価は市販版まで待ちたいところ。

■一般向け発表会も開催

 今回の発表会が行なわれたベルサール神保町アネックスでは、4月16日に一般向けの「2019夏 カロッツェリア新商品発表会」が実施される。開催時間は18時30分~20時30分(最終受付20時) となっているので、いち早く最新モデルを試してみたい方はぜひチェックしていただきたい。

Car Watch,安田 剛

最終更新:4/16(火) 21:07
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事