ここから本文です

英の離脱撤回諦めず=EU大統領「夢想家が必要」

4/16(火) 19:51配信

時事通信

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のトゥスク大統領は16日の欧州議会で、英国のEU離脱をめぐり、「少なくとも私は、より良い結束した欧州を夢見ることはやめない」と語り、離脱が英国によって撤回されることへの期待を持ち続ける姿勢を強調した。

 
 EUは10日の臨時首脳会議で、英国の離脱期限を10月末まで再延期することを決めた。トゥスク氏は、会議中に首脳の一人が「夢想家になってはいけない。離脱は覆され得ると考えるべきではない」と発言したことを紹介。その上で「歴史的に困難な時こそ夢想家や夢が必要だ。われわれは運命論に屈することはできない」と反論した。 

最終更新:4/17(水) 14:13
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事