ここから本文です

野党4党首が沖縄入り=衆院補選で引き締め

4/16(火) 20:42配信

時事通信

 立憲民主、国民民主、共産、自由各党党首は16日、衆院沖縄3区補選(21日投開票)の応援のため、そろって沖縄入りした。

 野党党首のそろい踏みは告示後、初めて。各種情勢調査で無所属統一候補のリードが伝えられており、陣営の引き締めを図るのが狙い。夏の参院選に向けて、野党共闘をアピールしたい考えだ。

 立憲の枝野幸男代表、国民の玉木雄一郎代表、共産の志位和夫委員長、自由の小沢一郎代表が沖縄県沖縄市内の選挙事務所を訪問。枝野氏はあいさつで「何としても勝ち切らなければならない選挙だ」と表明。志位氏は記者団に「ここで勝つことが参院選での野党共闘に大変大きな一歩になる。安倍政権を倒さないと沖縄の問題は解決しない」と述べた。 

最終更新:4/16(火) 20:51
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ