ここから本文です

巨人 新打線機能して広島に圧勝 山口は3勝目 原監督は満面の笑み

4/16(火) 21:03配信

デイリースポーツ

 「巨人8-2広島」(16日、平和リース球場)

 巨人が広島に大勝し、連敗を2で止めた。新打線が機能して大量8得点。投げては山口が7回を3安打2失点の力投で3勝目を挙げた。

【写真】あまりにも違う…笑顔のジャビット うつむく緒方監督

 開幕から1番を務めた吉川尚の腰痛による離脱で1番に坂本勇、2番に丸を繰り上げ、ビヤヌエバを3番に据え、この日昇格の山本を7番・二塁で起用した。

 初回には坂本勇の遊撃への内野安打を足がかりにジョンソンから先制。二回には先頭の山本の四球からチャンスを作りビヤヌエバのラッキーな2点二塁打などで3点を追加。

 六回には山本の好走塁に丸の犠飛で2点を追加。さらに七回には岡本、陽岱鋼のソロで2点を追加した。

 山口は6四球を出しながらも要所を締める投球。鈴木に7号ソロを許すなど2点を失ったが広島打線に連打を許さなかった。

 山本ら4選手を登録するなど入れ替えを敢行して、新打線で試合に臨んだ原監督は満面の笑み。2安打1四球に好走塁も披露した山本を「山本は素晴らしいデビューでした」と絶賛。さらに「1、2番(坂本、丸)はどの場所でもそこそこやってくれる。3番のビヤヌエバが存在感を出したね」と喜んでいた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事