ここから本文です

新技「ヨネクラ」を認定=国際体操連盟

4/16(火) 22:04配信

時事通信

 体操男子の米倉英信(福岡大)が今年2月のワールドカップ(W杯)メルボルン大会の跳馬で成功させた「伸身カサマツ2回半ひねり」を、国際体操連盟が新技「ヨネクラ」として認定したことが16日、分かった。横向きの着手で後方宙返りしながら体をひねって着地する「カサマツ」を、伸身で2回半ひねる。高難度の技で、Dスコア(演技価値点)は6.0点。 

最終更新:4/16(火) 22:12
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ