ここから本文です

【阪神】ガルシア、3試合連続で7失点 2回途中でKO

4/16(火) 20:21配信

スポーツ報知

◆ヤクルト―阪神(16日・松山)

 阪神の先発・ガルシアが3試合連続で7失点と大炎上。2回途中7安打3四死球と散々で、先発では来日最短での降板となった。

 初回に2点の援護をもらいながら、先頭の太田、青木に連続安打で一、二塁とされると、山田、バレンティンに連続四球で押し出し。さらに雄平の遊ゴロで追い付かれると、2死一、三塁からは村上に右中間へ3ランを浴びてこの回5点を失った。

 2回にも1死から山田に三塁打を許し、1死一、三塁から雄平に右前適時打を浴びてノックアウトされた。2番手の守屋も西浦にタイムリーを打たれて、ガルシアは7失点となった。

 過去2回の登板で、ともに4回7失点と背信。11日には休日返上で調整を行うなど、この日のマウンドに気合いを見せていたが実らなかった。

最終更新:4/18(木) 0:01
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事