ここから本文です

菅田将暉、洋画吹き替え初挑戦も「詐欺じゃないかと」

4/16(火) 20:51配信

スポーツ報知

俳優の菅田将暉(26)が16日、都内で行われた映画「シャザム!」(19日公開)日本語吹き替え版完成披露試写会イベントに登壇した。

 物語は、謎の魔術師からスーパーパワーを授けられた少年・ビリーが“見た目は大人、中身は子ども”という異色のヒーローになるというもの。菅田は主人公・シャザムを担当。洋画の吹き替えを務めるのは、今回が初めて。

 オファーは3月まで放送された日本テレビ系「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」撮影後に受けたといい、「予告がテレビで流れていて、楽しいから見に行こうと思った2日後にオファーを受けた。まだ撮ってないの?って思った。しかも、ここまで大きい話と思っていなかったので、悩みました。詐欺じゃないかと」と振り返った。

 幼少期の夢を問われると、ビリー役の緒方恵美(53)が「数学教師」と告白。すると、菅田も「一緒だ!」と偶然の一致に驚いた。さらに、子どもの時にやってみたかったことに対しては「トイザらスみたいなおもちゃ屋さんでいっぱい買う」と話していた。

最終更新:4/17(水) 4:11
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事