ここから本文です

【福島牝馬S】引退撤回のウインファビラス、悲願の重賞初制覇狙う!畠山調教師「まだまだ進化している面がある」

4/17(水) 6:05配信

スポーツ報知

◆第16回福島牝馬S・G3(4月20日・芝1800メートル、福島競馬場)

 土曜メインの第16回福島牝馬S・G3(20日、福島=1着馬にヴィクトリアマイル優先出走権)に出走するウインファビラスが、引退を撤回して悲願の重賞初タイトルを狙う。

 当初は前走(9着)の中山牝馬Sがラストランの予定だったが、強力メンバーを相手に0秒3差と健闘。その後は3週間後のダービー卿CTを引退レースに定め直したが無念の除外。繁殖牝馬として種付けを行うには微妙な時期になったこともあり、在厩調整を続けてこのレースで“再始動”することになった。

 畠山調教師は「前走は(直線で)追えない場面もあったが、以前よりいい瞬発力をみせてくれて、内容的にも重賞の強い相手に差のない競馬でしたから。馬体も減らなくなったし、まだまだ進化している面がある」と現役続行に不安はない。全弟のウインブライトは来週(28日)の香港G1・クイーンエリザベス2世Cに出走予定。好結果を出して、いい流れを作りたいところだ。

最終更新:4/18(木) 7:16
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ