ここから本文です

【楽天】岸、復帰秒読み 平石監督に「完璧です」

4/17(水) 6:03配信

スポーツ報知

 楽天の平石洋介監督(38)は16日、左太ももの違和感のため離脱中の岸孝之投手(34)の復帰が間近に迫っていることを明かした。16日の西武戦前までに、岸が指揮官に対して「もう完璧です」と語ったという。平石監督に、右腕の今後の見通しなどを聞いた。(構成・高橋宏磁)

【写真】“美人すぎる売り子”が際どいビキニで悩殺!

 ―岸の現在のコンディションは?

 「かなりいいみたいですよ。この数日、やっと本人が『完璧です』と言ったぐらいですから。筋肉系の(負傷の)場合は、最後のわずかな突っ張りであったり、張りを取るのに時間がかかったりするんですが、もう問題ないんじゃないかな。ここから登板に向けて、しっかり準備をして行けると思う」

 ―岸が2軍で調整登板をする予定は?

 「今のところは考えてないです」

 ―復帰時期は来週ぐらい?

 「ご想像にお任せします(笑)。この日(が登板日)だとは決めていないです。ある程度、予測はしてますけど、この日(に登板)と決めてしまうと、どうしても本人が焦るんじゃないかなと思って。準備が出来た段階でゴーサインを出そうかなと思っています。(復帰は)もう遠くはないと思います」

 ―16日から西武との2連戦。改めて西武の印象は?

 「やっぱり打線がいいですよね。打つ方はいいんじゃないか。足もありますのでね」

 ―2週連続(火曜、水曜日)で同じ相手と対戦することに関しては?

 「投手の方が嫌なんじゃないですか。あまり(同じ対戦が)続くとなると。僕らはあまり嫌じゃないですね。とにかく目の前の試合を、というだけですね」

 ―15日の練習から、釜田が1軍に合流したが

 「戦力としてね。2軍では、ものすごくいいピッチングをしていましたし。体の方も心配ないと思う。待ってましたよ」

 ―釜田は昨年、中継ぎだったが、今年は先発?

 「昨年は、そういう判断をしたんですが、やっぱり先発の方が彼にとってはいいのではないか。連投、連投となるよりは(登板)間隔を空けた方がいいのではないかな、と。今回も(右肘の)手術明けなのでね」

最終更新:4/18(木) 8:14
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事