ここから本文です

【日本ハム】完敗で勝率5割に逆戻り 栗山監督は「中心バッターにやられるとこういう結果になる」

4/16(火) 23:16配信

スポーツ報知

◆オリックス9―0日本ハム(16日・京セラドーム大阪)

 本拠地でロッテに3連勝し、勢いに乗って敵地に乗り込んだ日本ハムだったが、投打ともいいところなく完敗。勝率は再び5割に戻った。

 今季2度目の先発マウンドに立った上原健太投手(25)は、初回にオリックスの3番・吉田正に先制2ランを許すと、3回には吉田正の適時二塁打と4番・ロメロの適時打でさらに3失点。4回には6番・メネセスのソロ、5回にはロメロに2点適時打と、中軸打者にことごとく痛打を浴び、5回10安打8失点で降板した。打線も散発5安打で三塁も踏めず完封を喫した。

 5球団との初対戦が一巡し、試合前には「またゼロから体ごとぶつかっていく」と気合を入れ直していた栗山監督。見せ場もなかった完敗に「上原はボール自体が悪いようには見えなかったが、中心バッターにやられるとこういう結果になる。こういう負けを、明日以降にチームとしてどう生かしていけるかだ」と、改めて出直しを誓っていた。

最終更新:4/17(水) 23:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 9:30

あなたにおすすめの記事