ここから本文です

【オリックス】吉田正、2戦連発&3二塁打「感覚もよくなってきている」

4/17(水) 6:07配信

スポーツ報知

◆オリックス9―0日本ハム(16日・京セラドーム大阪)

 吉田正が完全に目覚めた。まずは初回1死一塁。1ボール2ストライクから日本ハムの先発・上原の123キロの外角低めのスライダーに対応した。体勢を崩されながらも楽々と右翼フェンスを越えた。「打てていない時間が長かった。よかったです」。2戦連続の先制4号2ランは本拠地での今季初アーチだった。

 3回1死一、二塁では適時二塁打を右中間フェンス最上部にぶち当てた。5回1死一塁は右翼線二塁打、7回1死では左翼線への二塁打を放ち、4打数4安打3打点。今季初の猛打賞をプロ入り初の1試合4長打で決め、「4安打出たのはよかった。感覚もよくなってきている」と復調を実感した。

 4番に座った開幕から7試合は打率0割8分、打点なしと大不振だった。6日の楽天戦(京セラD)で打順が3番に変わって以降の8試合は打率4割6厘、4本塁打、9打点と一気に好転した。「去年のいい状態をイメージして取り組みました。(3番は)初回に回ってくるところがいい」という主砲に引っ張られるように、打線は活性化した。開幕7試合は1勝4敗2分けで14得点。それが、吉田正が3番に入ってからの8試合は4勝3敗1分けで36得点と得点は倍以上になった。

 西村監督は「ずっと状態が上がってきている。ナイスバッティング」と絶賛。不振を脱した20年東京五輪の4番候補は「チームにも迷惑をかけて情けないという気持ちだった。レベルアップのためには乗り越えていかないといけなかった」。完全復活を遂げた主砲がまだまだ打ちまくる。(牟禮 聡志)

最終更新:4/19(金) 0:29
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(金) 13:25

あなたにおすすめの記事