ここから本文です

43歳、現役最古参アイドル・森下純菜 デビューから23年、活動を続ける理由とは?

4/16(火) 8:40配信

オリコン

 アイドルと言えば“若い”というのが暗黙の了解である。特に女性アイドルにおいてはフレッシュさは大きな武器のひとつだし、年輪を重ねるにつれグループを卒業し、アーティストや女優を目指すのも一般的だ。そんな中、1996年のメジャーデビュー以来、一度も卒業することなくアイドルを続けているのが森下純菜だ。アイドルにこだわり、アイドルであり続ける理由について聞いた。

【全身ショット】超ミニスカフリフリ衣装! ポーズを決める森下純菜、美脚で魅了


■順風満帆ではない道のりも、「アイドルである自分が大好きだった」という強烈な“自己肯定”

 森下純菜がアイドル活動を始めたのは、1994年。まだ10代の頃だった。姉と一緒に応援していたアイドルグループ・CoCoや、水野あおいが、フリフリで可愛い衣装を身にまとってスポットライトを浴びる姿を見て、いつしか自分も憧れるようになったという。「高校生の時に、思い切って憧れの水野さんが所属している事務所に履歴書を送りました」(森下純菜)
 面接から2週間後には、クラブチッタ川崎でのアイドルライブに出演するなど、さまざまなライブやオーディションにエントリーするなど、話はトントン拍子に進んだ。バラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジテレビ)のオーディションでも、結果的には選考漏れとなってしまうが、最終選考まで残った。そして1996年にCDデビューを果たすが、そこからの道のりは“順風満帆”とは言えないものだった。

 当時事務所の稼ぎ頭だった水野あおいが2000年頃に引退することになった際、当然、事務所の経営も不振に陥った。また、当時森下は25歳という年齢で、友人たちが結婚を考え始めていた。「みんなが真剣に将来のことを考えているときに、私はこんな感じでいいのかなと、この頃初めて将来の自分について“不安”を感じたんです」(森下純菜)

 不安を抱えながらも、大好きな芸能活動を諦めることはできなかった。ただし事務所の方針により、これまでと同じような活動はできなくなっていた。台湾での活動を含む、雑誌のグラビアページやテレビ出演などのタレント活動が主になった期間が2年ほど続いた。
 その当時の活動は、どの活動も自分がやりたいと思って始めたことではなかった。しかし、求めてもらえるからには「こういう表現の仕方もあるのかな」と感じ、前向きに、楽しんで活動し、自分の見せ方なども学んだという。
「この経験があったからこそ、ファンのかたの声援を浴びながら歌を歌うことこそが、私のやりたいことだと気付けたんです」(森下純菜)

 その後、事務所を移籍してからは、アイドル歌手の活動一本に専念した。紆余曲折を経て、やはりアイドルを続けることを選んだのは「アイドルをやりたくてやっているという自分の意思があったから。アイドルが好きで、アイドルである自分が大好きだったからに他ならないです」と森下は言う。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 22:14
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事