ここから本文です

『声優紅白歌合戦』GガンダムVSサクラ大戦 関智一&秋元羊介コスプレ姿で必殺技叫ぶ

4/16(火) 12:00配信

オリコン

 声優による、声優ファンのための新たな祭典『声優紅白歌合戦』が14日、千葉・舞浜アンフィシアターで初開催された。多くの声優陣が登場しアニソンなどが披露される中、横山智佐と関智一が登場。横山がヒロイン・真宮寺さくら役として出演したゲーム『サクラ大戦』のテーマ曲「ゲキテイ(檄!帝国華撃団)」、関智一がドモン役として自身の初主演作となった『機動武闘伝Gガンダム』の挿入歌「戦闘男児~鍛えよ勝つために~」を披露し激突した。

【写真】東方不敗のコスプレ完全再現!必殺技を叫ぶ秋元羊介

 横山は登場するといきなり、観客とともに歌うことを提案。観客もスタンディングでそれに応えて熱唱した。アップテンポな曲で歌詞にある『わたしたち 正義のために戦います。たとえ それが命をかける戦いであっても わたしたちは 一歩も引きません! それが 帝国華撃団なのです!』も完全再現し会場を盛り上げた。

 それに負けじと登場したのが関。ドモンが身につけている赤いマントを身につけて、シャイニングガンダムを呼ぶせりふを言ったあと、観客に向かってガンダムファイトを申し入れるなど、ドモンになりきり。

 間奏中に必殺技の『シャイニングフィンガー』を叫んだりする中、サプライズでドモンの師匠である東方不敗マスター・アジア役の秋元羊介が、完全コスプレした姿でステージ中央の下からサプライズで現れると、会場はこの日一番の興奮に包まれた。

 2人は名場面の掛け合いを披露したが、関が再び歌うタイミングで秋元はステージ上からフェードアウトするという良い意味で雑な扱いが展開され、笑いが起きていた。

 『声優紅白歌合戦』は、発起人の中田が、2017年12月30日に自身のツイッターで「これだけ声優さんの仕事範囲が拡っているご時世だからいっそ『声優紅白歌合戦』を作っちゃう?」とつぶやいたことが発端となり企画。

 今の声優は歌手としても目覚ましい活躍をし、ライブを楽しみにしているファンが多くいることから開催される運びに。歌唱する出演者は声優のみで、定期公演化を想定した声優ファンや出演声優にとって1年の風物詩となる祭典を目指していくと、昨年12月に詳細を発表した。

【出演者】
■紅組
井上喜久子、井上ほの花、岩男潤子、笠原弘子、小松未可子、中川翔子、日高のり子、平野綾、横山智佐
■白組
井上和彦、内田直哉、大塚明夫、黒田崇矢、関智一、武内駿輔、豊永利行、平川大輔、堀内賢雄
■発起人
中田譲治
■司会
諏訪部順一、植田佳奈

■セットリスト
1「God knows…」平野綾
2「銀河鉄道999」武内駿輔
3「昭和ブルース」大塚明夫
4「手のひらの宇宙」岩男潤子
5「愛としか呼べない」堀内賢雄
6「Shooting Star」井上喜久子
7「水中飛行論における多角的アプローチ」平川大輔
8「ブルーバード」井上ほの花
<コラボアヴァン>コーナー
9「チャンピオン」大塚明夫、黒田崇矢
10「トップをねらえ!~Fly High~」日高のり子、中川翔子
11「創聖のアクエリオン」岩男潤子、平野綾
12「桜」井上和彦、内田直哉、堀内賢雄
13「コンディション・グリーン~緊急発進~」笠原弘子
14「必ず景色は変わる」黒田崇矢
15「ゲキテイ(檄!帝国華撃団)」横山智佐
16「戦闘男児~鍛えよ勝つために~」関智一、秋元羊介
17「Maybe the next waltz」小松未可子
18「Day you laugh」豊永利行
19「空色デイズ」中川翔子
20「ああ電子戦隊デンジマン」内田直哉
21「ハート ないしょ/2」日高のり子
22「誰がために」井上和彦
23「GO!!!」全員歌唱

最終更新:4/18(木) 10:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事