ここから本文です

キスマイ玉森、主演映画の撮影で鼻血 大事なシーンで「たらーんって」

4/16(火) 19:49配信

オリコン

 人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が16日、都内で行われた映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)完成披露舞台あいさつに登壇した。玉森いわく「基本、緊張感のある現場で、そんなに笑いとかにこやかな空気ではなかった」とストイックな撮影の様子を振り返り、共演の吉岡里帆は「玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで鼻血だされたと聞きまして。追い込まれすぎた鼻血なのかと…」とまさかのハプニングを報告した。

【集合ショット】玉森裕太&吉岡里帆ら豪華キャスト陣が集結

 同作は人気作家・東野圭吾による原作小説を実写化。一つの世界では愛する麻由子(吉岡)と自分が恋人同士。もうひとつの世界では麻由子は親友・智彦(染谷将太)の恋人になっているという異なる2つの世界に迷い込んでしまった主人公・崇史を玉森が演じている。

 現場の雰囲気について吉岡は「監督がドSすぎる。こんな現場あるのかってくらい。味わったこともないくらいとてもストイックな現場だったので、さきほどもみなさんと取材を受けていたんですけど、現場がほとんど会話がなく、キャスト同士も緊迫してほっこり笑っているということなくギャップに驚いています。こんな温かい感じだったっけと驚いています」というほどピリピリムード。

 そんななか起こった、鼻血事件に森義隆監督は「暴力は現場になかった」と弁解するなか、玉森は「智彦とのすごく大事なシーンで自分も熱があがりすぎちゃったのか、いろいろ考えていたら鼻血たらーんってたれてきてって話ですね」と苦笑。森監督は「玉森裕太という映画俳優を生み出すという覚悟で鼻血を出すまで追い込みました。その期待に大いに応えてくれたと思うので、映画俳優玉森裕太の誕生を目撃して」と自信を込めた。

 また、染谷は「本当に緊張感のある現場でして。吉岡さんと玉森さんと一緒に入る時間が長かったんですけど、唯一、2人ともお弁当を選ぶときだけ笑みがこぼれるので心の救いでした」と和やかな一時もあったそう。しかし「一緒に食べましたけど、でも会話はなかったです。なんでですかね…?」と尋ねると、玉森は「会話はなくても大丈夫だった。無理に親友感というか仲良くしなきゃということもなく自然といた感じですかね」とマイペースで、吉岡は「オトナの現場です」とまとめていた。
 
 このほか筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ、が参加した。

最終更新:4/17(水) 21:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事