ここから本文です

パリのノートルダム大聖堂が炎上 大統領は再建を宣言

4/16(火) 8:08配信

産経新聞

 【パリ=三井美奈】フランスを代表する観光名所、パリのノートルダム大聖堂で、15日夕から16日朝にかけて大規模な火災が起きた。中央部分の屋根が崩壊し、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が焼失した。マクロン大統領は15日夜、現場を視察し、「大聖堂は再建する」と述べ、国内外に協力を呼びかけた。

 火災の火元は、屋根の改修工事用の足場とみられ、捜査当局は16日に作業員を聴取した。パリ検察は16日、記者団に「15人程度が作業していたが、放火を疑わせるものはない」と述べ、失火の疑いで調べていると明らかにした。

 消火作業には、約400人が出動。消防隊員や警官ら3人が軽傷を負った。観光客の被害はないもよう。大聖堂正面の鐘楼は焼け残り、聖遺物「キリストのいばらの冠」は無事だった。消防当局は16日朝、鎮火を宣言した。マクロン氏は「最悪の事態は避けられた」と述べた。

 大聖堂は12世紀に着工。皇帝ナポレオンが戴冠(たいかん)式を行い、文豪ビクトル・ユゴーの作品の舞台となった。大聖堂が立つセーヌ河岸は、ユネスコの世界文化遺産に登録される。年間訪問客は約1200万人。

最終更新:4/16(火) 21:51
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事