ここから本文です

消費税率「予定通り10%へ」 菅官房長官、OECD提言で

4/16(火) 12:15配信

産経新聞

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は16日午前の記者会見で、経済協力開発機構(OECD)が日本に対し消費税率の段階的な引き上げなどを提案したことについて「10月に10%という予定通りの引き上げができるよう、経済運営に万全を期す」と強調した。

 OECDは15日、今年の対日経済審査報告書を発表。赤字の続く「基礎的財政収支(PB)」を消費税だけで十分な水準に黒字化すると仮定した場合、税率20~26%への引き上げが将来的に必要になると試算した。グリア事務総長は消費税率10%への引き上げは不可欠とし、さらに段階的に引き上げるよう提案した。

 菅氏は10%引き上げ後について「経済再生を図りながら歳出、歳入両面の改革を続け、まずは2025(令和7)年度のPB黒字化を確かなものにしていきたい」と語った。

最終更新:4/16(火) 12:15
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事