ここから本文です

東洋大、2本塁打で先勝 村上が完封で今季初勝利/東都

4/16(火) 21:04配信

サンケイスポーツ

 東都大学野球春季リーグ戦第2週第1日は16日、東京・神宮球場で行われ、第3試合の東洋大-国学院大1回戦は、東洋大が2本の本塁打などで先行し、3-0で先勝した。七回1死から7番・小峰聡志外野手(4年)が中堅左へソロ本塁打を放つと、続く8番・小林直輝内野手(3年)も右中間席に連続となるソロ本塁打。その後も振り逃げと適時打などで1点を加えた。投げては先発右腕・村上頌樹投手(3年)が3安打で完封し、今季初勝利(通算4勝目)を挙げた。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(金) 12:40

あなたにおすすめの記事