ここから本文です

アリアナ・グランデ、コーチェラで着ていた服はマック・ミラーへのトリビュート

4/16(火) 21:01配信

ELLEgirl

4月12日(現地時間)に第1週目が開幕したコーチェラ・フェスティバル。 アリアナ・グランデが4月14日(現地時間)のステージに出演した。アリアナは「Raindrops」をアカペラで熱唱、「God Is Woman」をダンサーたちとともに披露。コーチェラ史上最年少のヘッドライナーとして注目を集めていたけれど、観客を圧倒するステージを見せた。さらに「break Up With Your Girlfriend, I’m Bored」では、90年代に活躍したイン・シンクがサプライズで登場! この曲にはイン・シンクの「It Makes Me Ill」がサンプリングされていて、フェスティバル直前にアリアナがSNSにイン・シンクの曲に合わせてダンスする様子をアップしていたことから、コーチェラでコラボするのでは? という憶測の声も浮上していたけれど、それが実現!

【写真】アリアナも顔変わった?整形疑惑のあるセレブ15

アリアナはイン・シンクとともに彼らの楽曲「Tearin’ Up My Heart」もデュエット。残念ながらイン・シンクの中心メンバー、ジャスティン・ティンバーレイクは欠席だったけれど、コラボの実現に観客は大喜び! 

そんな中、アリアナが昨年急逝した元恋人マック・ミラーをひっそり追悼していたことが明らかに! アリアナはバックステージでNFLのピッツバーグ・スティーラーズのジャージ姿を披露。実はマックはピッツバーグ出身で、スティーラーズは彼が大好きだったチーム。

生前のマックがスティーラーズのユニフォームを着てスタジアムに出没、チームを熱く応援しているところも度々目撃されていた。アリアナがコーチェラのステージでマックについて語ることはなかったけれど、マックが彼女にとって大きな存在なのはこんなところからもよくわかる!

ちなみに今回のステージでアリアナは親友ニッキー・ミナージュと「Side To Side」と「Bang Bang」を歌い、ラッパーのディディとメイスとともにノトーリアスB.I.G.の「Mo Money Mo Problem」をカバー。「Break Free」や「No Tears Left to Cry」「thank u, next」も含め全26曲を歌い、盛りだくさんの内容で第1週目を締めくくった。

最近PTSDを受けた自分の脳のスキャン写真をSNSにアップしファンを心配させたけれど、歌姫の実力は健在! アリアナは第2週目となる4月21日にも出演する。次のステージも楽しみにしたい!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:4/16(火) 21:01
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事