ここから本文です

清水・小山・吉田町長選が告示

4/16(火) 12:33配信

静岡朝日テレビ

統一地方選後半戦となる清水町・小山町・吉田町の町長選が告示されました。吉田町はこれまでのところ現職1人しか立候補しておらず、無投票当選の公算が大きくなっています。

清水町長選に立候補しているのは、届け出順に、新人で元副町長の関義弘氏(65)、新人で元町議の花堂晴美氏(44)の2人です。

関氏は引退する山本町長の町政継承や子育て支援策の拡充などを、花堂氏は、学童保育の充実や女性の就業率増加などを訴えています。

小山町長選に立候補しているのは、現職で3選を目指す込山正秀氏(71)、新人で元県議の池谷晴一氏(69)の2人です。

込山氏は2期8年の実績を強調し町政の継続などを、池谷氏は若者の定住促進策や財政の健全化などを訴えています。

吉田町長選に立候補しているのは、これまでのところ現職で6回目の当選を目指す田村典彦氏(74)のみです。ほかに立候補の動きはなく、無投票当選の公算が大きくなっています。

いずれの町長選も立候補の届け出は午後5時で締め切られます。投票は21日に行われ即日、開票されます。

最終更新:4/16(火) 12:33
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ