ここから本文です

マスターモニターにもなるスマホ「Xperia 1」、4K・HDR対応の有機ELディスプレイ搭載で、ソニーモバイルコミュニケーションズから初夏に登場

4/16(火) 17:44配信

Stereo Sound ONLINE

 ソニーモバイルコミュニケーションズは4月16日都内で、2月にスペインで開催されたモバイル機器の展示会「MWC2019」で発表した、エクスペリアブランドの新フラッグシップモデルとなるスマートホン「Xperia 1」(エクスペリアワン)の、国内では初となる報道陣向けの体験会を開催した。

Xperia 1を手にするソニーモバイルコミュニケーションズ 代表取締役社長 岸田光哉氏

 Xperia 1は、シネマスコープサイズとなる21:9の画面を持ったスマートホンで、ディスプレイは4K解像度の有機ELであり、HDR表示にも対応したスーパーモデル。しかも、有機ELはホワイト仕様ではなく、RGBの3原色仕様であり、輝度は400nitsを誇るという。開発にはソニーの業務用モニターBVM-X300の開発陣も参加し、スマートホンでありながら、マスターモニターと同等のクォリティを持った製品に仕上げられているそうだ。

 冒頭、登壇した同社代表取締役社長 岸田光哉氏は、「ソニーグループの持つテクノロジーを総動員して、(このスマホを使って)好きを極める体験をしてほしい」とコメント。スマートホンとしては世界初となる4K・HDR対応ディスプレイの搭載、ソニーのマスターモニターと同等の映像を再現できる「クリエイターモード」の開発など、デジタルシネマの現場でも活用できるクォリティ、スペックを持った製品で、映像体験をもっ楽しんでほしい、と結んだ。なお、価格は未定ながら、国内では初夏の発売を予定しているという。

最終更新:4/16(火) 17:44
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事