ここから本文です

ハデ顔作戦に出た三菱の新デリカD:5だが売れ筋5ナンバーミニバンの牙城は崩せない!?

4/16(火) 8:03配信

carview!

ミニバンは顔が8割! 新型は顔面インパクト勝負に出た

「もはやミニバンは顔が8割ですから。今や全メーカーで進化が進み、どれも使い易くなって不満が残るレベルではなくなっています。ミニバンの購入動機の一番は広さですが、2番は外観の良さ。性能底上げの結果、2番目がよりクローズアップされているのかもしれません」。

>>デリカD:5 フォト集<<

今回はつくづくこの言葉が心に染みるぜ。そう、以前聞いた国内ヒットミニバン開発者の金言だが、いよいよそれが現実の物となってきたのだ。それはデビューから実に12年ぶりのマイナーチェンジとなった三菱の新型ミニバン「デリカD:5」。なぜ12年ぶりにしてマイチェンなのか? 同時に全長4.8mサイズで、人気の5ナンバーサイズでも、アルファード系ラージサイズでもない絶妙な立ち位置にも驚くが、パッと見やはり気になるのはド派手すぎる顔。

マイチェン前とは似ても似つかぬ唐草模様、あるいは電気シェーバーのようなネット柄グリルに、左右のエラのように張り出した縦型LEDライトが超斬新! 実物は写真で見るより違和感はないもののいずれにせよ相当な顔面インパクト勝負に出ている。

しかもこのディーゼルの標準顔の他、唐草模様グリルを廃した上下左右ストライプ顔のアーバンギアと、旧型マスクをそのまま使ったガソリン仕様も残している。新型D:5は斬新、先進、定番、3通りの顔が選べるわけで、ミニバンは間違いなく顔が8割の時代に本格突入したのである。

改良版ディーゼル&8速AT化で力強く滑らかな発進加速に

とはいえインパクトある標準ボディ顔でも、決してヤリ過ぎ歌舞伎顔で失敗したマツダ「ビアンテ」のような不気味さはない。あくまでもメカデザインに徹した三菱テイストの良さが滲み出ているが、同時にこの戦略から三菱の苦しい台所事情も伺える。

あのトヨタですら2016年、人気ミニバン「エスティマ」に10年目のビッグマイナーチェンジを受けさせざるを得なかった現実。そこにはほぼ国内専用車たるミニバンに、そこまで開発費がかけられないウラ事情がある。

小沢が勝手に想像するならば、日産グループ傘下で復活を期する三菱も去年やっと4年ぶりのオールニューモデル、エクリプスクロスを出すので精一杯。いくら根強いファンがいるとはいえ、ミニバンのデリカにフルチェンジの手間ヒマはかけられなかったのだ。

とはいえこの3フェイス戦略を見ればわかる通り、MCデリカには驚くほど力が入っており、骨格たるプラットフォームこそ新しくできなかったがそれ以外はオールニューと言えるほど。

まずいいのはデリカD:5最大の売りとなるディーゼルエンジンの全面リフレッシュ。現在国産ミニバンでクリーンディーゼルが選べるのはデリカだけで、自慢の2.2Lターボに次世代規制もクリアできるよう尿素SCR(選択触媒還元)システムを初導入。そのほか燃料噴射や燃焼室形状を改善すると同時にフリクション低減を図り、ギアボックスを6速ATから8速スポーツモードATに進化させた。

結果、発進加速は明らかに力強く滑らかに。ピークパワー&トルクは107ps&380Nmとパワーは2ps下がっているものの、トルクが20Nm上がっているのと、なにより8AT化が効いている。発進に使う1速をローギアード化し、逆に高速で使う8速を約18%もハイギアード化。結果、出足では後ろから押されるような余裕のパワーを感じ、高速ではエンジンが2000回転も回らず静かになった。

ついでに尿素で排ガスをキレイにすることにより、無駄に燃料を使わなくなり、ハイギアード化と合わせて燃費も向上。実情に近いWLTCモードで12.6km/Lはかなりのメリットだ。とはいえ尿素を含むアドブルーを補充し続けなければいけない面倒は増えたのだが。

1/3ページ

最終更新:4/16(火) 8:03
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事