ここから本文です

ノートルダム大聖堂火災 パリの人々はアヴェ・マリアを歌った

4/16(火) 8:49配信

ハフポスト日本版

アヴェ・マリアを歌い、祈りを捧げる人々

フランス・パリの中心部にあるノートルダム大聖堂で15日午後7時ごろ(現地時間)、火災が発生。教会の尖塔などが燃え落ちる大きな被害をもたらした。

(動画)ノートルダム大聖堂火災、現地の人が投稿した動画

人々に愛されたその美しい教会は、聖母マリアに捧げられた教会だ。

パリの人々は、その塔が焼け落ちる様子をじっと見守りながら、聖歌「アヴェ・マリア」を歌い、祈りを捧げ続けている。


AFP通信などによると、火災が発生したのは、一般公開の時間が終わったすぐ後だった。現在行われていた改修工事による火災の可能性があるという。

広場には多くの観光客や市民がいたが、火は屋根のあたりを中心にあっという間に燃え広がった。午後11時(現地時間)段階でもまだ完全には鎮火していない。

大聖堂の歴史

「ノートルダム」とは「我らの貴婦人」。つまり、キリスト教の聖母マリアを意味している。

12世紀半ばに建設が始まった大聖堂は、およそ170年をかけて1330年ごろに完成した。パリの司教座が置かれるなど、フランスのキリスト教会の中心的な地位にあった。

しかし、フランス革命中には、反キリスト教運動によって、破壊と略奪が繰り返され荒廃。その後、帝政を宣言したナポレオン・ボナパルトの戴冠式が1804年に行われたのも、このノートルダム大聖堂だった。

ヴィクトル・ユーゴーの名作『ノートルダム・ド・パリ』の出版をきっかけに、国民的な修復運動が広がり、1846年に全体の修復が完了、その美しい姿を取り戻した。

1991年にユネスコ世界遺産に指定され、世界中から年間1200万人が訪れる観光地となっている。

2015年にはパリ同時多発テロ事件の追悼ミサが開かれた。東日本大震災でも、2012年に犠牲者を悼む祈りが捧げられた。

最終更新:4/16(火) 12:35
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事