ここから本文です

じゃらん、消費増税後の半年間は5%ポイント還元へ、リクルートの決済サービスが経産省「キャッシュレス促進事業」に登録

4/16(火) 12:53配信

トラベルボイス

リクルートライフスタイルが運営する決済サービス「リクルートかんたん支払」がこのほど、経済産業省の「キャッシュレス・消費税還元事業」で「キャッシュレス発行事業者」への仮登録を完了した。今後、審査と選考を経て正式登録となる。

この事業は、2019年10月1日の消費税率引き上げに伴うもの。2019年10月から2020年6月までの間、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する。消費者は対象店舗でキャッシュレス決済をおこなうことでポイント還元を受けることができる。

「リクルートかんたん支払い」は、同社グループの共通ID 「リクルートID」に登録したクレジットカードで支払いができるサービス。4月15日時点では、「じゃらんnet」「ポンパレモール」「リクルートかんたん支払い」のポイント還元対象加盟店と宿泊施設で利用できる。今回の登録で、ユーザー側は各サービスで付与される通常ポイントのほかにプラスして5%のポイント還元が受けられる。

・リクルートかんたん支払い
https://settle.point.recruit.co.jp/

トラベルボイス編集部

最終更新:4/16(火) 12:53
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事