ここから本文です

高橋一生がエレカシ宮本プロデュースのもと歌手デビュー ドラマ「東京独身男子」の主題歌に起用

4/16(火) 17:09配信

トレンドニュース(GYAO)

テレビ朝日系ドラマ「東京独身男子」が、4月13日に放送スタートした(毎週土曜23時15分より)。主演を務める高橋一生が、ロックバンド・エレファントカシマシの宮本浩次によるプロデュースのもと、主題歌も担当している。

【無料配信】「東京独身男子」最新話を配信中>>

高橋は、エレファントカシマシをリスペクトするアーティストが集まった『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~』(2018年3月リリース)で、東京スカパラダイスオーケストラと共に「俺たちの明日」をカバーして話題になった。そんな高橋が今回、宮本が楽曲制作とプロデュースを担当したドラマ主題歌「きみに会いたい-Dance with you-」を歌うことになった。

高橋は、「恐れ多いのですが、同時に光栄でもあって。(レコーディングについては)夢中で歌っていたと思います」と番組公式サイトにコメントを寄せている。一方の宮本は、「歌声もまっすぐでしかも相当に歌のうまい方です。デリケートな歌い回しなど表現力もさすがでした」と高橋の歌唱力を称賛した。「きみに会いたい-Dance with you-」は、6月5日に発売予定。同シングルには、エレファントカシマシ「赤い薔薇」のカバーも収録される。

「東京独身男子」は、人並み以上の容姿を持ち、仕事も私生活も充実している、石橋太郎(高橋一生)、三好玲也(斎藤工)、岩倉和彦(滝藤賢一)という3人の“AK男子”(あえて結婚をしない男子)がテーマ。独身ライフを謳歌(おうか)していた3人が、あるときを境に結婚を意識するようになっていくラブコメディだ。第1話では、石橋がかつてプロポーズまで考えた元恋人の舞衣(高橋メアリージュン)と再会する。

(文/沢野奈津夫@HEW)

最終更新:4/17(水) 12:28
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事