ここから本文です

レクサス版アルファード「LM」が上海デビュー|日本導入はある?ない!?

4/16(火) 14:50配信

オートックワン

中国版「ヴェルファイア」登場直後に発表されたレクサス最高級ミニバン

レクサスは上海国際モーターショー2019(一般公開:2019年4月18日~25日)のプレスデーで、レクサス初となるフラッグシップ版大型ミニバン「LM300h」を世界初公開した。

>>これがレクサス版ミニバン「LM」!|本家アルヴェルと比較してみる[画像40枚]

その姿を見た日本人メディアの多くは「これって、アルヴェル!?(アルファード/ヴェルファイア)」と思ったに違いない。

この30分ほど前、同会場の別ブースで行われたトヨタ記者会見では、「ヴェルファイア」の中国初上陸が発表されたばかりだった。これまで中国向けには「アルファード」のみが販売されていたが、兄弟車である「ヴェルファイア」の導入が決まったのだ。これに伴い、中国向け「アルファード/ヴェルファイア」はパワートレインを2.5リッターハイブリッド1本に絞られることになった。

一方、レクサス「LM」はハイブリッド車の「300h」として発表されており、これも中国版「アルファード/ヴェルファイア」と同じ2.5リッターハイブリッド車となる。

一部メディアに「LM」は3リッターV6の「LM300」と2.5リッターハイブリッド「LM300h」の2本立てという記事がある。これについて、レクサス関係者は、中国向けは「LM300h」のみ導入と説明した。

レクサス LMの日本導入はありか、なしか?

では、「アルファード/ヴェルファイア ハイブリッド」と「LM300h」との違いはなにか?

発表現場では詳細なスペック資料の配布がなかったが、記者会見を見る限り、違いはインテリアの豪華さだ。特にリアシートまわりの高級な収納スペースやエンタテインメント機器など、レクサス「LM300h」は高級リムジンの雰囲気を感じさせる。日本におけるアルヴェルは、家族で楽しむ、またはひとりで運転しても楽しいという商品性が優先するが、レクサス「LM300h」は運転手付きのショーファーカーに徹しているイメージが色濃い。

では、レクサス「LM300h」、または「LM300」の日本導入はどうか?

今回の記者発表で登壇した、レクサスインターナショナル・プレジデントの澤良宏氏は「中国のお客様からのご要望に応えて」と、「LM」導入のきっかけについて触れた。日本市場導入に関しては、現時点でレクサス側からのコメントはない。

筆者の予想では・・・日本導入はなし!?

記者発表の現場での、筆者の肌感覚としては、日本導入の可能性は低いと思う。なぜならば、日本では小型、中型、そしてアルヴェル級の大型まで、ミニバン文化がしっかりと根付いており、そうした社会背景の中で、レクサス「LM」の立ち位置が想像できないのだ。

「LM」は、レクサスが世界市場において、高級ブランドとしての地位を確立させるためには必要不可欠なモデルだと思う。だが、日本市場では結局、「アルファード/ヴェルファイア」との差別化が極めて難しい。 

[筆者:桃田 健史/撮影:桃田 健史]

桃田 健史(モータージャーナリスト)

最終更新:4/16(火) 22:11
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事