ここから本文です

ミニLEDがAppleの純正ディスプレイやiPad、Macに採用されるかも?

4/16(火) 12:14配信

ギズモード・ジャパン

どれくらい美しいのかな?

徐々に、しかし着実に進化し続けるディスプレイ技術。そして、「Apple(アップル)がミニLED方式を採用した新型純正ディスプレイやiPad、Macを将来投入する」との報告が海外から登場していますよ。

【画像】ミニLEDがAppleの純正ディスプレイやiPad、Macに採用されるかも?

cnBetaが掲載した著名アナリストことミンチー・クオ氏のレポートによれば、2019年第2~第3四半期(4月~9月)にはこのミニLEDの新型純正ディスプレイが登場するとのこと。また同じくミニLED方式ディスプレイを搭載した10~12インチの新型iPadが2020年第4四半期~2021年第1四半期に、15~17インチのMacBookが2021年第1四半期~第2四半期に登場すると報告しています。

ミニLEDって?

なお、ミニLEDはバックライトにより微細なLEDライトを並べた発光方式だと説明されています。そして、高い色再現性やコントラスト、レスポンス、黒の発色などが期待できるそうなんです。

今回の報告ではそれぞれの製品の詳細には触れられていませんが、どうも長時間使用される中~大画面製品では有機ELディスプレイよりもミニLEDの液晶ディスプレイの方が優れているとのこと。これは、焼付きなどを想定しての比較なのかもしれませんね。

最近は有機ELディスプレイを搭載したタブレットやラップトップ、テレビをあちこちで見かけるようになりましたが、液晶もまだまだ負けてはいないようですよ!

Source: cnBeta via 気になる、記になる…

塚本直樹

最終更新:4/16(火) 12:14
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事