ここから本文です

レクサス初の超高級ミニバン 新型「LM300h」を中国で世界初公開! 日本発売の可能性は?

4/16(火) 11:32配信

くるまのニュース

レクサス新型ミニバン「LM300h」はアルヴェルベース?

 レクサスは、新しいフラッグシップミニバンとなる新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)を上海国際自動車ショー2019で世界初公開しました。

これがレクサスの新型ミニバン「LM300h」だ!画像で内外装を詳しく見る(52枚)

 2019年の上海国際自動車ショーで発表するレクサスの高級MPV(多目的車)「LM300h」は、レクサスファミリーの新しいフラッグシップモデルです。

 新型「LM300h」は、同社ラインナップのセダン「LS」、フラッグシップGTクーペ「LC」、フラッグシップSUV「LX」、そしてラグジュアリーヨット「LY」に続いて、レクサスが発表する5番目のフラッグシップモデルになります。

 ベース車となるのは、トヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。同車は、余裕のある空間と快適な乗り心地が特徴となり、日本の激化するミニバン市場においても高い人気を得ているモデルです。

 また、「アルファード/ヴェルファイア」は、中国の富裕層から人気を博していることからレクサスブランドとしても販売好調のSUVカテゴリーのほかに、柱となる新カテゴリーとして新型「LM300h」を投入したといいます。

 レクサスは初の高級ミニバンモデル新型「LM」の投入で、新たなユーザー層獲得を狙ってブランド認知も広げたいとしています。なお、「LM」の名前について、チーフエンジニアは「ラグジュアリーミニバンの略ではなく、ラグジュアリームーバーの略です」と説明しています。

 新型「LM300h」のフロントデザインは、大型のクロムメッキスピンドルグリルや一体型LEDヘッドライト、Lデイタイムランニングライトが特徴的で、ボディ側面にも「L」クロムトリムが配置されるなど、「アルファード/ヴェルファイア」とは違った高級感を表現しています。

 内装では、2列シート仕様の4席レイアウトを実現し、「移動ツール」の概念を超えた空間を演出。後席には、スマートフォンやタブレットの接続、Blu-ray再生が可能な26インチディスプレイ搭載し、2本のワインなどを入れることができる14Lの冷蔵庫を備えるなど、まさに最高級ミニバンです。

 またレクサスは、2018年6月12日に「LM300h」と「LM350」を日本とアメリカで商標登録していますが、日本での発売は「いまのところ未定」としています。

 一方、国内のレクサス販売店スタッフは「お客様からは、ミニバンを出してほしいという声が多く、今回のミニバンについてもいくつか問合せがきています」と話していました。

 レクサスの新型ミニバン「LM300h」が日本のミニバン市場に投入されれば、注目のモデルとなることは間違いありません。

くるまのニュース編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事