ここから本文です

20歳シャポバロフ、モンテカルロで2年連続の初戦敗退<男子テニス>

4/16(火) 14:13配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は15日、シングルス1回戦が行われ、第15シードのD・シャポバロフ(カナダ)は世界ランク44位のJ・シュトルフ(ドイツ)に7-5, 3-6, 1-6の逆転で敗れ、同大会で2年連続の初戦敗退となった。

【錦織vsシャポバロフ】

この試合、20歳のシャポバロフは第1セットで6本のブレークポイントをセーブするなど粘りを見せ先行。しかし、その後はファーストサーブの確率が60パーセントを下回り、合計6度のブレークを許し1時間58分で力尽きた。

シャポバロフは昨年の同大会では、1回戦で同い年のS・チチパス(ギリシャ)に敗れていた。

勝利したシュトルフは2回戦で、元世界ランク3位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは1回戦で世界ランク54位のM・ベレッティーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

また同日に行われた試合では、第10シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第11シードのM・チェッキナート(イタリア)、第13シードのF・フォニーニ(イタリア)、第16シードのD・ゴファン(ベルギー)、世界ランク24位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)、同41位のP・コールシュライバー(ドイツ)らが初戦を突破した。第12シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)、第17シードのK・エドモンド(イギリス)、日本のダニエル太郎らは1回戦で姿を消した。

最終更新:4/16(火) 14:21
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事