ここから本文です

標識が倒れ女性2人けがの事故を受け、警察が緊急点検を始める 岡山

4/16(火) 18:17配信

KSB瀬戸内海放送

  15日、岡山県倉敷市で標識が倒れて2人がけがをした事故を受け、警察が標識の点検を始めました。

(記者)
「きのう事故があった現場の近くでは、標識の緊急点検が行われ、足場の設置状況や傾きなどを調べています」

 15日正午ごろ、倉敷市玉島勇崎の市道で高さ約5.3メートルの標識が道路に倒れ、軽自動車が衝突しました。この事故で、女性2人が首をねんざするなど軽傷の見込みです。
 
 標識は1985年に設置されたもので、根元に茶色いさびが見られました。岡山県警によりますと、倒れたものと同じオーバーハング方式の標識は県内に約3000本あるということです。

 玉島警察署では16日朝から約60本の標識を金具で叩くなどして調べましたが、今のところ異常がある標識は見つかっていません。

最終更新:4/16(火) 18:38
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事