ここから本文です

英語力調査で高校1位は「福井県」、中学1位は「さいたま市」…秘訣を聞いた

4/16(火) 19:40配信

FNN.jpプライムオンライン

目標とする50%は達成できず

文部科学省は16日、全国の公立中高の生徒の英語力を調べた平成30年度の「英語教育実施状況調査」の結果を公表し、政府が目標とする水準に達した中高生は増加傾向にあるものの、目標とする50%には達しなかったことを明らかにした。(調査対象:全国の公立中学校9374校と公立高校3354校)

【画像】中学生、高校生の英語力のグラフ

調査結果によると、英検3級相当以上(CEFR A1レベル)を達成している中学生は前年度より1.9ポイント増の42.6%、英検準2級相当以上(CEFR A2レベル)を達成している高校生は0.9ポイント増の40.2%でいずれも上昇傾向にはある。

2020年4月から、小学校では新学習指導要領が全面実施され、英語が小学校3年生から必修科目になるなど、グローバル化が進む中で英語力の必要性は高まっている。
今回の結果についてまずは文部科学省に聞いた。

都道府県で差がある

ーー今回の英検3級相当以上を達成している中学生が42.6%と英検準2級相当以上を達成している高校生が40.2%という数字の受け止めは?

前年度から増加している一方、目標としては50%に届いていないのが現実。都道府県の中で差があり達成できている所の取り組みを吸収してどう普及させていけるかだと考えています。


ーー文科省としてはどのような努力をしてきた?

外部講師が必要な場合は予算支援をしてきました。また、各都道府県に英語の教育プランを考えてもらい目標を設定してもらっていて、各都道府県で設定したプランを取りまとめ公表してきました。


ーー各都道府県に求めることは?

調査で何番になったとかではなく、どこに課題があるのかを見極めてもらいたいです。そのために文部科学省としては情報を集めて支援していきます。


ーー目標の50%を達成するために今後何をしていくべきか?

各都道府県が抱える課題の支援であると考えています。各都道府県で抱える課題は異なるので、授業における改善点を動画にして伝えたり、外国語指導助手(ALT)の活用事例を普及させたりしているので教育事例や改善点を各都道府県に周知させていきたいです。


ーー数字として50%を達成した後、何を実現していきたい ?

数字としては50%を目標にしていますが50%がゴールというわけではなく、単にテストの点数を上げるというものではなく、教育は1人1人のものであるので、さまざまな進路に応じて英語を学んで何をするかを生徒達に考えていってもらいたいです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事