ここから本文です

デニム柄の鯉のぼりが空を舞う 岡山の2つの名産がコラボ  岡山・倉敷市

4/16(火) 19:15配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県倉敷市児島地区のジーンズメーカーの工場で、地域の園児たちがデニム柄のこいのぼりをあげました。

 倉敷市のジーンズメーカー「ベティスミス」の本社前で行われた掲揚式には、琴浦西認定子ども園の園児が招待されこいのぼりをあげました。

(園児は-)
「こいのぼりあげるのが綱引きみたいで楽しかった」

(記者)
「一番下のこいのぼりは、ホワイトデニム柄に金の目をあしらっています。新元号・令和を祝って作られました」

 デニム柄鯉のぼりは「ベティスミス」と岡山県和気町のこいのぼりメーカー「徳永こいのぼり」が、ジーンズの産地・児島と日本の風習・こいのぼりを盛り上げたいと作りました。

 こいのぼりをあげるのは今年で3回目で、今回は1匹増え5人家族になりました。

(徳永こいのぼり/徳永夕子 社長)
「時代をまたいで、この児島の力新しい子どもたちを育てていく町として、こいのぼりで応援ができたらいいな」

 デニム柄鯉のぼりは5月12日まで児島の空を舞うということです。

最終更新:4/16(火) 19:15
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事