ここから本文です

三浦春馬、3年ぶりの女装再演に「自分の誇り」

4/16(火) 19:45配信

AbemaTIMES

 俳優の三浦春馬、小池徹平らが出演するミュージカル『キンキーブーツ』の公開稽古が15日、都内で行われた。

 本作は小池演じる破産寸前の靴工場の跡継ぎ・チャーリーが、三浦演じるドラァーグクイーンのローラの協力で、工場を再生するというブロードウェイミュージカル。2016年に日本で初上映され、3年ぶりとなる今回は、主要キャストを継続する形での再演となる。

 三浦は本作で女装姿を再び披露する。囲み取材で、2016年の初演を目撃していた記者から「もうちょっと恥ずかしそうにしていたような気がするんですが」と問われると、三浦は「本当ですか。この扮装ができることにやはり喜びがありますし。そして自分の誇りにも思います。だから、その思いがどこかしらに現れているんですかね」と堂々とコメントした。

 また去年11月に女優で心理カウンセラーの永夏子と結婚して以来、これが初の公の場となった小池は、舞台の稽古で体重が4kg減ってしまったそう。これについて小池は「栄養の摂り方とかを稽古が始まってから変えたりとかしてなるべく減らないように努力はしています。トライアスロンをやっているみたいな感覚なので」と説明。この後、記者から「その分家庭が出来たから安心できているのでは」と3年前の公演から自身を取り巻く環境が変わったことについて聞かれ、小池は「そうですね。ありがとうございます」と微笑んでいた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:4/16(火) 19:45
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事