ここから本文です

彼に浮気されないためには、どうすればいい?

4/16(火) 21:15配信

All About

◆浮気理由から逆算して考える

相手が意志を持った人間である以上、一方だけの思い通りにはいかないのは恋人関係においても同じ。それは浮気を恐れる側のみならず、浮気に走ってしまう人も同様です。

たとえばあなたのパートナーが浮気をしてしまうとしたら、どんな理由によると思いますか? 想像でかまいません。「もしかしたら……」そこにヒントが隠れているかも。

■好みのタイプが現れたから
あなたが恋人の理想に当てはまるタイプでもない限り、この先、もっと好みのタイプが現れないとも限りません。しかし、それだけのことで目移りしてしまうほど、あなたと恋人は希薄な関係なのでしょうか。

「絆」は何よりもの防止策。現れてもいない第三者に怯えるよりも、まずはもっと愛を深めて。

■軽薄そうだから、ルーズだから
軽薄やルーズなタイプは、一見すると簡単に浮気をしそうなタイプに見えてしまうもの。だけどそんな相手を恋人に選んだのはあなた自身だということを忘れずに。

たとえば異性の友人が多い人だからといって、浮気をするとは限りません。普段から粗雑な人でも、人間関係だけはデリケート……という人もいます。

まだ何も起こっていないうちから「浮気しそう」と決めつけるのは疑問です。本当に恋人のことを愛しているのですか? まずは自分の胸に問いかけて。

■すでに浮気されたことがあるから
これは、前回の浮気を許し交際を続けているパターン。しかし、これを(次の)浮気理由に挙げるとしたら、まだあなたは心から(前の浮気を)許していないのでは?

浮気を心配するという感情は、裏返せば、パートナーを疑っている証拠でもあります。だとしても、そのパートナーを選んだのはあなた自身。

自分を変えることはできても、他人を変えることはできません。ならば、別れるか丸ごと受け入れるか、ポリシーを決めてしまったほうが、心が楽になれるはず。

■愛されている自信がない
これを真っ先に思い浮かべてしまうとしたら、問題は浮気以前のところにあります。

あなたに質問します。いったいどのように扱われたら、あなたは「愛されている」と感じることができますか? おそらくあなたはどんなに愛されても、完全に満たされることはないでしょう。なぜなら自信を持てない原因は、あなた自身にあるからです。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 21:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事