ここから本文です

阪神&近鉄が乗り入れ10周年、鉄道の「車庫」巡るツアー

4/16(火) 20:00配信

Lmaga.jp

阪神なんば線の開業、そして阪神電車・近鉄列車の相互乗り入れが始まり、2019年で10周年。それを記念し、「阪神電気鉄道」(本社:大阪市福島区)らが記念ツアーを企画。その第5・6弾として、各社の「車庫」を見学できるツアーがおこなわれる。

【写真】今後展開される、記念ツアーのラインアップ

両社は直通運転の便利さや沿線の魅力を伝えるべく、2019年に10本の旅行ツアーを企画。第5弾のツアーは、「神戸三宮駅」(神戸市中央区)から発車する列車に乗り込み、近鉄線内の車庫を巡りながら「近鉄名古屋駅」(愛知・名古屋市)を目指すというもので、電車に乗ったまま車庫を見学できる。7月6日に開催予定で、料金は、大人8000円、子ども5000円(運賃・特急料金含む、お弁当・お茶・記念品付き)。定員200名で、WEBサイト「阪神アイビートラベル」にて予約受付中(~4月22日)。

また、第6弾には山陽電車、阪神電車、近鉄電車の3社の車庫を巡るツアーを予定。ツアーは7月15日に開催され、往復はがきでのみ予約可能。こちらの応募は5月10日必着。詳細は公式サイトにて。

最終更新:4/16(火) 22:32
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事