ここから本文です

ソニー、「PS5」の存在を明らかに。海外メディアの独占取材で語る

4/16(火) 21:22配信

電ファミニコゲーマー

 ソニーのマーク・サニー氏は海外メディアWiredの独占インタビューの中で、現在PS5となる「次世代コンソール」を開発中であることを明らかにした。2019年内にはリリースされない見込み。ここ最近、海外では開発キットが出回っているとの噂がささやかれてきたが、インタビューによれば実際に開発キットが水面下で展開されてきたという。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 PS4のリードアーキテクトでもあったプログラマーのマーク・サーニー氏は、引き続き同様に「次世代コンソール」のリードアーキテクトを務める。名前については、「PlayStation 5ですか?」という取材陣の質問に対し、意味深な微笑みで答えるだけに留まったという。また、次世代コンソールが2019年中に店頭に並ぶことも無いそうだ。

 コンソールのコアとなるCPUはAMDが1月に発表したばかりの第3世代Ryzenが使用される。世界初の7nmコアを使用したCPUだ。GPUはAMD Naviと呼ばれる同じく7nmベースのグラフィックチップが搭載され、レイトレーシングにも対応する。3D音響にも力を入れており、サーニー氏にとってフラストレーションだったというPS3からPS4であまり進化のなかったオーディオ周りにもメスが入るという。また、記録装置はHDDからSSDへと変更されるそうで、詳細は明かされていないが転送速度はPCのそれを凌駕するものになるという。

 また、ディスクレスという噂もあった次世代機だが、こちらはこれまで同様、物理メディアを受け入れる。ここからが重要だが、次世代コンソールはPS4と部分的に共通のアーキテクチャを利用しており、互換性を持っているという点だ。つまり、PS4のゲームは次世代コンソールでも動くことになる。

ライター/古嶋 誉幸

ライター古嶋 誉幸一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

最終更新:4/16(火) 23:54
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事