ここから本文です

レイカーズの前HC、ルーク・ウォルトンが今季ウエスト9位のキングスの指揮官へ就任

4/16(火) 9:50配信

バスケットボールキング

解雇された当日にディバッツGMと会い、早速契約合意に至ったウォルトン新HC

 4月16日(現地時間15日)、サクラメント・キングスはデイブ・イェーガー前HCの後任として、ルーク・ウォルトンと契約したことを発表した。

 キングスはレギュラーシーズン終了直後に直近3シーズンを指揮したイェーガーを解任。一方、レイカーズで3シーズン指揮を執ったウォルトンも、14日(同13日)に解雇されてしまう。

 するとブラデ・ディバッツGMは14日(同13日)にウォルトンと直接会い、両者はスムーズに契約合意へと進み、正式な契約締結を発表することとなった。会見の中で、ディバッツは「我々はとてもエキサイトしている。このチームを一緒に構築して、次のレベルへと進むことができるでしょう」と語り、ウォルトン新HCに大きな期待を寄せている。

 キングスとレイカーズは同じパシフィック・ディビジョン。今季はキングスがウエスタン・カンファレンス9位(39勝43敗)、レイカーズが10位(37勝45敗)に終わっており、来季以降にプレーオフ進出を狙うライバル同士と言ってもいいだろう。

 2013年を最後にプレーオフから遠ざかっているレイカーズに対し、キングスは06年を最後に13年間もプレーオフへ出場できずにいる。

 それでも、今季のキングスは過去13シーズンで最も良い成績を残しており、来季以降へ向けて若手の成長も十分見込めるため、右肩上がりで成績を伸ばす可能性がある。今季もオールスター前にはウエスト8位の好位置におり、勝率5割前後を残していたことは、良い兆候と言っていいはずだ。

 キングスにはオールスター選手こそいないものの、バックコートにはディアロン・フォックス、バディ・ヒールド、ボグダン・ボグダノビッチがおり、フロントコートにはマービン・バグリー三世やウィリー・コーリー・スタインといった伸びしろ十分の若手がそろっている。

 ウォルトンHCを新たに迎えて、来季キングスがプレーオフへと進出することができるのか。注目していきたいところだ。

BASKETBALL KING

最終更新:4/16(火) 14:53
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事