ここから本文です

中日再び貯金1、大野雄が573日ぶりの白星 DeNA上茶谷はプロ初黒星

4/16(火) 21:12配信

ベースボールキング

○ 中日 7 - 1 DeNA ●
<4回戦・ナゴヤドーム>

 投打が噛み合った中日は再び貯金「1」。7回途中1失点の先発・大野雄が、2017年9月20日のヤクルト戦以来となる573日ぶりの白星を手にした。

 大野雄は初回、テンポよく3者凡退スタート。2回は2四球で一死一、二塁としたが、連続三振でピンチを切り抜けた。打線の援護を得たあとも要所を締める投球。6回は連打で無死一、二塁のピンチを背負ったが、4番・ロペスを空振り三振、二死後、6番・中井は見逃し三振に退けた。

 続投した7回に適時内野安打を許したが、6回2/3で124球を投げ、5安打7奪三振1失点の力投。打線の援護にも恵まれ2年ぶりとなる勝利を挙げた。

 打線は3回、スタメン復帰した1番・平田の1号ソロで先制。その後もチャンスを作り、5番・福田の右犠飛、6番・高橋の右中間適時二塁打、7番・阿部の右前適時打で一気に4-0とリードを広げた。4回以降も8番・加藤の右前適時などで着実に加点。8回までに13安打で7点を奪った。

 DeNA先発の上茶谷は、走者を背負いながらも2回までは無失点。しかし3回、先頭の平田に先制のソロ被弾を浴びるなど、一気に4点を失った。4回も連打を浴びるなど1失点。4回9安打5失点と踏ん張れず、プロ初黒星を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:4/17(水) 1:46
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事