ここから本文です

川相氏、広島・安部の2回の守備に「状況判断が…」

4/16(火) 21:00配信

ベースボールキング

○ 巨人 8 - 2 広島 ●
<4回戦・鹿児島>

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、2回の広島・安部友裕の守備について言及した。

 川相氏が指摘したのは、2回一死満塁から丸佳浩の三ゴロを捕球した場面。サード・安部は丸の三ゴロを捕球すると、二塁へ送球しアウトを取るも一塁はセーフとなり、ダブルプレーが取れず…。三塁走者の生還を許した。

 この守備に川相氏は「打球を捕球するというのは、難しかったと思います」と評価した一方で、「ただ状況判断は悪いですよね。左バッターの丸だけに、よっぽどの当たりでない限り、セカンドのダブルプレーは取りにくい。ですから、三遊間寄りの打球は二塁へ投げる。今ぐらいだったら、ホームで1つアウトを取って、もう一度満塁という状況判断ですね」と語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:4/16(火) 21:28
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事